ダイエットと骨粗しょう症の危険性とゼリーの効果

美容や健康のためにダイエットに取り組む人は多くいると思われます。しかし、極端な減量を行ってしまうと骨まで痩せていってしまい骨粗しょう症になってしまう危険性もあるのです。
基本的に骨粗しょう症は加齢によって生じやすくなる病気ですが、無理なダイエットをしてしまうと年齢に関係なく生じてしまいます。特に若い女性の痩身願望は強く極端なダイエットになりがちです。骨量は一般的に18歳頃にピークを迎え、40代を過ぎると減っていってしまいます。そのため骨粗しょう症にならないためにも、できるだけ骨量を増やしていくことによって骨粗しょう症を予防することができるようなります。
しかし、それでも痩せたいという場合には過激なダイエットは避けてバランスの良い食事と適度な運度による減量をおすすめします。
どんなにバランスの良い食事や運動をしてもストレスは溜まり、甘い物などが食べたくなってしまいますが、そんなときにはゼリーやおからクッキーなどカロリーが低く、腹持ちの良い物がおすすめです。
寒天入りのゼリーなどは腹持ちが良いだけではなく、食物繊維も豊富なため便秘改善にも役立ちます。
食事におやつを食べているといくら運動をしていても太ってしまうのではないか、と言う不安がある場合には夕食をゼリーに置き換えるダイエット方法などがおすすめです。朝と昼は食事制限は無く、好きな物をしっかり食べることができるかわりに、夜は体内に脂肪を蓄積するタンパク質などを減らして低カロリーのゼリーに置き換えることによって脂肪をつきにくくする効果があります。栄養は偏りがちになってしまう方法のため、朝と昼の食事でしっかり栄養を取る必要があるダイエット方法です。