妊婦中のダイエットに最適、プールで運動

本来はダイエットというのは、非妊娠時に行うことが多いですが、もともと体重が多くて妊娠してから体重をコントロールすることを医師から言われることもあります。またつわりの時期に、食べづわりといって吐き気を催すために食べずにいられない、その結果体重が短期間で一気に増えてしまったという人も少なくありません。また妊娠糖尿病を併発してしまい、体重やカロリーなどを制限されるといったこともあるでしょう。そのような場合には、妊婦であってもダイエットに取り組む必要があります。そして妊婦の場合には、お腹にいる赤ちゃんの週数によって注意が必要なことがありますが、基本的にハードな運動は控える必要がありますね。赤ちゃんの安全のためにです。そのため、いくつか推奨されている運動がウォーキングやヨガ、プールといったものがあります。このうちウォーキングは気軽にできそうですが、時には天候に左右されることもあって継続することが難しい、そしてお腹が大きくなってくると足への負担が大きく痛みを感じるようになってしまい継続できない人もいます。またヨガの場合は、呼吸法と動きを組み合わせたものですが、自己流でやるには難しいので新しく取り込むこと自体が難しいという人もいます。そのため妊婦に一番おすすめなのはプールだといえます。プールの中では浮力が働くために足への負担は軽くなりますし、赤ちゃんへの安全性も確保できます。またプールでの運動は意外にも負荷がかかるので、ダイエットにも最適といわれます。プールで行う運動は水泳、そしてアクアビクスなどがありますが、どれも続けることによって効果があるので、是非妊婦には取り入れていきたいダイエットの方法ですね。